杉林の景色Albums

Home>Albums
  • 水漾森林

    水漾森林

    水漾森林は渓阿縦走ルート(渓頭から阿里山のルート)のセクションにある、921大地震により形成された堰止湖です。長さ約1キロメートル、幅約200メートル、平均深度は約7メートルあり、最も深い場所は16メートルに達します。深く沈んだ水がもともとあった緑豊かな柳と杉の林を飲み込みました。枯れ木のラインはシンプルで純粋で、まるで深く静かな湖面と相対して調和しているかのようです。片道6時間、往復12時間で、水漾森林に向かう際は、経験のあるガイドと一緒に訪問することをお勧めします。

  • 金柑樹山

    金柑樹山

    金柑樹山は海抜2,091メートル、テーマ会館により観光客サービスセンター鄰の林道から山頂へは約4,000メートル、往復でのトレッキングには約5時間が必要となります。

  • 鹿屈山

    鹿屈山

    鹿屈山は海抜2.010メートル、登山口は杉林渓の薬花園から松瀧岩ハイウェイ脇の仁亭にあり、仁亭鄰の小山より入口を経て山頂まで約4,000メートル、往復でのトレッキングには約5時間が必要となります。

  • 越嶺古道

    越嶺古道

    越嶺古道は全長約1,200メートル、前半は上り坂で、旧有林道に沿って歩き、後半は曲がりくねった下りの小道となります。道沿いは主に柳と杉の造林地となり、両側の野の花や草の数は約120種類にのぼります。

  • 石井磯歩道

    石井磯歩道

    石井磯歩道は料金所の鄰にある土地公(土地神様)の廟を起点とし、石井鉱と八八吊り橋を経過した後、清流歩道と越嶺古道と接続できます。

  • 台湾ツツジ歩道

    台湾ツツジ歩道

    ここはユニークで原始的な歩道です。全行程1,600メートルで、枕木歩道と落葉で敷詰められた上を歩く、歩きやすく快適な台湾ツツジの巨大な森林の天然歩道です。

  • 地眼歩道

    地眼歩道

    この歩道は天地眼のラインの支線であり、天眼歩道の古くからある千古紅檜(ベニヒ)の老木から1,000メートル前進し左に曲がれば歩道の入口があります。杉と天然林を抜けて、約1,500メートルで松瀧岩に戻ることができます。

  • 楽山歩道

    楽山歩道

    この歩道は杉と天然林を抜けて、約1.000メートルで松瀧岩に到着します。

  • 青龍蕨類歩道

    青龍蕨類歩道

    青龍歩道の出発点は聚英村の正面にある橋です。湾曲したアーチの橋を渡り、杉林渓の湖畔に沿って下流に向かい散歩をします。道沿いには木陰があり、水のせせらぎに沿って歩きます。

  • 牽手小道 (手を取り合う小道)

    牽手小道 (手を取り合う小道)

    牽手小道は杉林渓で最も簡単に到達できる、台湾ツツジと広葉樹の原始林です。素朴で古くからある歩道は木陰で日が遮られ、鳥の鳴き声はやみません。道しるべに従い進み、紅檜(ベニヒ)の門をくぐり、まずは幸せの鐘を撞いてください。;枕木の階段を上ると、セミの鳴き声が竹林の間に聞こえます。;緩やかな坂の曲がりくねった小道は、蝶が舞い花が咲き乱れています。;1組の箸のように、2人の幸せをつかみ:展望台で愛を告白して、未来に向かいます。新たに作り出された亭で、美しい言葉を紡ぎだします。;月下老人は願いを受止め、優しいお顔で穏やかに家族の安全を祝福します。月老亭で手を携え、福徳廟に向かい、謙虚な心でお香をささげれば、仙女からの回答は、吉報を告げているでしょう。

  • 燕庵歩道

    燕庵歩道

    人の手で作り上げられた石畳の歩道を歩くと、先人たちの道づくりの苦労を感じるはずです。枕木歩道を上方向に進むと、楓の樹が両側に並び、山を愛する人々を迎えています。200メートルの歩道を歩き終わると、燕庵・涼亭と瀑布に到着します

  • 天眼歩道

    天眼歩道

    天眼歩道は松瀧岩から天地眼へ行く際に必ず経由する歩道で、杉林渓の海抜の最高地点でもあります。景色が美しく、一年を通じて非常に涼しい木陰の歩道です。

  • 穿林桟道

    穿林桟道

    穿林桟道は長さ約2,000メートルで、元は初期の伐採した木々を運搬する桟道でした。歩道は緩やかな木陰で、徒歩で約50分間が必要となります。

  • 向欣谷

    向欣谷

    元の名を「風孔仔」といいます。地理的な関係から、四方の山の峰がここで集まっています。古の風が軽くそよぎ、爽やかで、時に特別な風の音が鳴り、まるで天からの音楽のようです。渓頭から杉林渓まで、安定トンネルを通った後には、緑の山々が現れます。遠くの山は笑っているかのように見え、木々は勢いよく繁っています。突然美しい景色が現れることで、楽しさが奮い起こされます。

  • 千古紅檜(ベニヒ)

    千古紅檜(ベニヒ)

    ベニヒは台湾特有の貴重な樹木です。一般的にはヒノキと呼ばれています。薄皮、木材は建築、家具、彫刻などの用途に幅広く用いられます。以前大量に伐採したために、現在は残り多くありません。

  • 花卉センター

    花卉センター

    花卉センターは薬草園と花園の2つの部分があり、薬草園は中国医薬大学と提携し教育と学習のために提供されています。花園で展示される花卉は30種類以上あります。うちボタン、ハボタン、アジサイ、チューリップ、レンギョウと山桜は、「杉林渓六大名花」として有名です。エリア内では薬膳と養生料理、記念品、当地の農産品と特産品、おやつ、飲み物などが提供されています。

  • 杉林渓の川辺

    杉林渓の川辺

    杉林渓の川辺は景色が美しく、緑の波に影が映ります。杉林渓ホテルより曲がりくねったせせらぎは、聚英村を経て石井磯に至ります。両岸は楓、ヒノキ、杉と原生林で、ボートで遊べば、西湖に勝り、憂いも消えます。

  • 台湾ツツジの巨木森林

    台湾ツツジの巨木森林

    台湾ツツジ巨木森林はユニークで原始的な歩道です。全行程は1,600メートルです。枕木の歩道と敷詰められた落葉の上を歩く、柔らかで快適な台湾ツツジの森林の天然歩道です。

  • 天地眼

    天地眼

    自然の岩壁が風雨に浸食され風化して崩れ落ち、次第に形成されました。片目は幅8メートル、もう片目は幅6メートルで、両方の洞は目のようであり、中間は自ずと鼻梁となりました。「天眼は人の心を鑑定し、地眼は万物を照らす」と伝わり、忠義に厚く善良な人が天地眼を得られ、激励と慰めを受け、悪だくみや嘘、偽善やこびへつらうと罰を受けると言われています。「小さな善だからといい成さず、小さな悪だからといって成してはならない」お互いに励まし合えることを願っています。

  • 龍鱗瀑布

    龍鱗瀑布

    滝の鄰の天然岩の洞は、もともとは燕が群生し巣を掛けていた場所です。周囲の環境はひっそりとしており、まるで燕がここで仏法の修行していたかのようです。このため元の名を「燕庵」と言いました。上流の山に挟まれた流れは、秋冬の降雨が非常にまれで、滝は水がなく乾いた岩壁が見られるだけです。春夏の雨季にはさらさらと流れ水しぶきが飛び、波紋はまるで鱗のようであることから、「龍鱗瀑布」と名付けられています。

  • 石井磯

    石井磯

    石井磯は渓流に挟まれた砂や石が強烈な渦となり、硬度の違う川床の岩の層の上に壺穴のような円形のくぼみの地形を形成しています。

  • 青龍瀑布

    青龍瀑布

    青龍瀑布は石井磯の壺穴から始まり、116メートルの切り立った断崖を経て、天から降りてきます。

  • 松瀧岩

    松瀧岩

    松瀧岩瀑布磅礡的氣勢和秀麗的景致,使之贏得「杉林溪首景」的名號。平時白練細垂、絲絲動人,陰離子含量為每立方公分 2 至 5 萬個,而雨季巨瀑傾洩、水花飛濺,聲勢如雷、氣象萬千,陰離子含量更達 19 萬個。

  • 山桜

    山桜

    山桜は別名を緋寒桜、山桜と言い、花の色は鮮やかで美しく、サクラの中でも花の色が最も濃く鮮やかな種類です。花の数は多く、広く花の鑑賞に喜ばれている種類の樹です。毎年12月~3月が花の鑑賞期間であり、渓頭から森林渓の渓阿ハイウェイの沿線と杉林渓レクリエーションエリア内のそこかしこで見ることができます。

  • モミジ

    モミジ

    杉林渓のモミジは「空の青、落ち葉の黄色、秋の色は波のように連なり、波の上には寒さを帯びた緑」であり、木々の中の一抹の赤であれ、山一面の赤であれ、どちらも感嘆に値し、秋の詩心がロマンチックな雰囲気を添えています。

  • 台湾ツツジ

    台湾ツツジ

    「台湾ツツジ」は台湾最大で唯一の森林を形成する、台湾特有の種類のツツジです。杉林渓の台湾ツツジの森林は約3,000株が植わっており、面積は3ヘクタールあります。樹齢は最高で500年を超え、毎年4月中旬に次々と開花します。カラフルな台湾ツツジの森林の歩道を散歩すれば、静謐さの中でゆったりとして気持ちよくロマンチックにさせます。

  • ボタン(牡丹)

    ボタン(牡丹)

    ボタン(Paeonia suffruticosa)の原産地は中国の安徽省、湖南省などの地方であり、花の姿は華麗で気高く、栽培や鑑賞にはすでに長い歴史があります。杉林渓は3~4月は台湾全土で最も有名で、最も美しいボタン観賞の聖地となります。

  • 葉ボタン(葉牡丹)

    葉ボタン(葉牡丹)

    葉牡丹(Brassica oleracea)またの名を彩葉キャベツとも。杉林渓では約20,000株が栽培されており、10~2月が主な鑑賞シーズンです。葉牡丹はキャベツに近く、しかし球体にはならずに美しい紫、赤、ピンク、白、黄色、青などの様々な色の葉を繁らせます。

  • フクシア

    フクシア

    フクシア(Fuchsai hybrid)は涼しい山を好み、平地での開花期間は冬から春にかけてです。杉林渓では、四季を通して開花しています。多彩な色彩で、鮮やかな花は女性の身に着けている耳飾りのようであり、またバレエを踊る少女のようでもあります。

  • アジサイ

    アジサイ

    アジサイ(Hydrangea macrophylla)は数十束あるいは数百束の花が集まり球状を成しています。まるで結婚する女性の手の中にある大繍球(古代中国の結婚時に用いる毬の一種 )のようであるため、繍球花ともよばれています。

  • チューリップ

    チューリップ

    チューリップ(Tulip gesneriana)の品種は2,000種類以上に達し、花の姿と色彩は可愛らしく色鮮やかで、人々を陶酔させます。このため「花の中の皇后」と「夢幻の花」の美名があります。杉林渓での開花期間は1~2月となります。